掃除に取り入れる方法と注意点

掃除の時に精油を使うと、部屋中に良い香りが広がるだけでなく、精油の抗菌効果と防虫効果で室内を清潔に保つことができます。掃除機をかける場合は、あらかじめ精油をしみこませておいたティッシュを細かくちぎって、機械に吸い込ませましょう。雑菌が繁殖しがちな吸入口のイヤな臭いが抑えられるので、気持ち良く使用することができます。カーペットを掃除する時は、あらかじめ精油をしみ込ませた重曹を全体にふりかけておきます。重曹自体も抗菌効果や脱臭効果が高いのですが、それに精油の抗菌効果や防虫効果が加わるので、雑菌やダニの繁殖を抑えることができます。床や壁、テーブル等の拭くときは、バケツの水に精油を加え、その中に雑巾をひたしてよく絞ってからふき取りましょう。特に、柑橘系の精油を使うと天然のワックス効果でフローリングの床がピカピカになります。化学成分を含まないので、小さい赤ちゃんが触れる床や壁も安心して掃除が出来ます。あまり精油の濃度が強すぎると床等の材質を傷める場合がありますので、加えるのは10滴程度にとどめましょう。さらに、ルームスプレーで室内の空気をリフレッシュすれば、常に快適で居心地のいい空間を保つことができます。水道水と精油を加えるだけで出来るので、とても簡単です。

コメントは受け付けていません。