暮らしに上手にアロマテラピーを取り入れる方法について

アロマテラピーをやってみたいが、時間がない。
そういう人のために、日々の暮らしの中でアロマテラピーを取り入れる方法があります。
それは、「芳香浴」です。
これには、「アロマディフューザーを使う」「ハンカチにエッセンシャルオイルを染み込ませる」「香りのスプレーを使う」など、いろいろなやり方があります。
アロマディフューザーには多くの種類があるので、使いたい部屋の広さなどに合わせて選ぶことができます。
ハンカチやスプレーを使うというやり方なら、自宅以外の場所でも香りを楽しむことができます。
また、エッセンシャルオイルを垂らしたハンカチを、寝る前に枕元に置いておけば、香りによるリラックス効果で、質の良い眠りを得ることもできます。
もっとムードのある芳香浴を味わいたければ、アロマキャンドルを使いましょう。
アロマキャンドルは、香りだけでなく、灯りにもリラックス効果があります。
ただし、小さい子供がいる場所では使わないようにして、寝る前には消しておきましょう。
これらのような芳香浴の他にも、バスソルトとして使ったり、ハーブティーとして使うのもおすすめです。
こういった使い方をすることで、ハウスキーピングをしながら、アロマを楽しむことができます。

コメントは受け付けていません。