方法別に見るアロマテラピー

心と身体に優しいアロマテラピーは今や知らない人はいないという程の広がりを見せており、それにまつわる商品も続々と製造されています。
そもそもアロマテラピーは、キャンドルに火を灯し、その熱によって成分を蒸発させ、香りを楽しむという方法が一般的でした。
癒しも目的のひとつとするものですから、このキャンドルの光はそれを象徴するかのようにロマンチックな空間を演出します。
気分が落ち込んでいる時、癒しを求めている時にはやはりこの方法が最適と言えるでしょう。
また、芳香浴法も癒しの力があります。
エッセンシャルオイルと浴槽に垂らして入浴するのですが、適量を判断するのが難しいという場合には、アロマの香りを取り入れた入浴剤なども市販されていますからそれを利用するのもよいでしょう。
また、部屋全体の空気を変えたい、消臭、衛生という面を重視するのであれば電気式の芳香拡散器が最適です。
水を入れてそこに好きな香りのエッセンシャルオイルを垂らして、電気の力で蒸発させるというものですが、広い空間全体に香りが行き渡るので、家事をしている時、勉強している時、どんなときにも自然とその香りが漂い、家の空気全体を変えることが出来ますから主婦に嬉しい商品と言えます。

コメントは受け付けていません。