部分浴法編

アロマテラピーは芳香入浴やオイルトリートメントにより、全身にその薬効を取り入れることができます。しかし、このようなケアは準備に時間がかかったりするので大変です。時間がない時や、症状を緩和したい部分だけ手軽にケアをしたい、という時には部分浴法が便利です。ちょっとケアをしたいな、と思った時にいつでもすぐできるので、忙しい人にはぴったりです。準備するのは洗面器とお湯、精油だけです。洗面器に熱いお湯を入れ、好みの精油を数滴加えてから手や足を洗面器の中にひたします。手浴の場合は、手の甲を上にして両手をお湯の中に入れます。手首までお湯につかるように、お湯の量を調整します。足浴の場合は、足のくるぶしまでお湯の中にひたします。洗面器のサイズが大きければ両足を一度に入れますが、小さい場合は片足ずつ交互に足浴を行いましょう。お湯が冷めてきたら熱湯を継ぎ足し、15分程度行います。身体が十分に温まって、うっすらと汗をかく程度になったら終了し、水を沢山飲んで老廃物の排せつを促します。このように、手足を温めることで末端の毛細血管まで血行がよくなり、身体中に精油の有効成分を取り入れることができます。発汗作用が高まり身体の新陳代謝を促すので、美容や健康にとても効果があります。

コメントは受け付けていません。