利用する前に知っておきたい!アロマテラピーの種類について

}PgžxQアロマテラピーとは、植物のエッセンシャルオイルを使い神経に働きかけることで、リラックスしたり身体や精神の不調を改善する方法です。
やり方には、いくつかの種類があります。エッセンシャルオイルをハンカチやティッシュペーパー、脱脂綿などに1、2滴含ませて直接香りを嗅ぐ直接吸入法や熱湯を入れた洗面器やティーカップにエッセンシャルオイルを1滴から3滴ほど加えて、蒸気を吸収する蒸気吸入法などがあります。蒸気吸入法は、空気の浄化や室内の加湿を同時に行うことが可能です。広い場所で利用する場合には、アロマポットやアロマキャンドルなどを使うことで部屋に香りを満たすことができます。アロマポットを使用する際には、専用のローソクを使用し、空焚きしないように注意します。キャンドルの場合は、必ずロウソク立てを使用し、就寝時などキャンドルから離れるときは必ず火を消すなど火災が起こらないように十分な注意が必要です。
他にも、入浴の際にエッセンシャルオイルを用いる沐浴法では、よくかき混ぜてから入浴します。入浴で得られる効果と相乗効果を期待することができますが、エッセンシャルオイルによっては、肌に刺激を感じることもあるため、異常を感じた場合にはすぐに洗い流します。観葉植物01